名曲つく~るくんって?

名曲つく~るくんとは、DTMソフトを感じさせる、ありそうでなかった新しい音楽制作ソフト(MIDIシーケンスソフト)です。

 

「DTMソフト?高いし、重いし、難しそう」といった方にこの「名曲つく~るくん」をDTMソフトの入門編としておすすめ致します。

簡単で直感的な操作を可能にし、DTMソフトを意識させつつ、難しい用語や機能を省いたレイアウト。

インストール不要で初期設定はいりません。ダウンロード直後に扱うことができます。

無料の音楽制作ソフトは沢山ありますが、こんなにも分かりやすいソフトは無いでしょう。

特徴

・DTMソフトを意識したレイアウト

・インストール不要、初期設定不要

・最大16トラックに対応

・MIDIファイルへの書き出し、読み込みに対応

・最大12セットのコードを追加可能

・マウスを動かすことによる簡単なランダム演奏

・好みのスケールを視覚的に表示

・PCのキーボードによる演奏

・ミキシング機能

・簡単な画面の切り替え

・キーボードによる収録



使い方

画面

 

①トラック画面


②打ち込み画面
 
③トランスポート画面
 
④モード切り替え画面
 
⑤キーボード演奏画面
 
⑥ランダム演奏画面
 
⑦画面遷移画面
 
⑧鍵盤画面
 
⑨ミキシング画面

 

 



打ち込み

ノートの追加

打ち込み画面②をダブルクリックすることで、音符(ここではノートとする)が一つ追加されます。

左の鍵盤で音の確認が可能です。

ノートの移動

追加したノートをドラック&ドロップすることで音の高さ、鳴る位置を変更できます。

ノートの長さ変更

ノートの右端をドラック&ドロップすることで音の長さを変更できます。  

音符単位の変更

下のリストボックスで音符の単位を変更することが出来ます。例)4分音符単位→16分音符単位

複数選択

打ち込み画面をドラック&ドロップすることで、範囲内のノートを複数選択することができます。選択後、移動、長さ変更も可能です。

6つの打ち込みモード

6種類の打ち込み方法があります。

・↖ ダブルクリックで追加。ノートダブルクリックで削除。複数選択可

・☝ ワンクリックで追加

・✒ 絵を描くようにノートを追加

・✖ ノートクリックで削除。複数削除可

・M ノートクリックでミュート。複数ミュート可

 灰色のノートがミュートされたもの。再生時には音が鳴らなくなる

・< クリックした位置から再生

グリッド間隔の変更

トラック画面、打ち込み画面それぞれにある[+][-]ボタンでグリッドの間隔を変更できます。

緑がX軸、赤がY軸となっています。X軸はトラック画面、打ち込み画面と共通になっています。

コントロール

打ち込み画面下でノートのベロシティやモジュレーションをコントロールできます。

リストボックスで変更する対象を選択します。

ノート追加時に追加される縦長の図形を、上下にドラック&ドロップすることで値を変更できます。

画面をドラックすることで直線が描画され、直線に合わせて値が変更されます。

値で管理

ノートの情報を値で管理することができます。

クオンタイズ

クオンタイズボタンを押すことで選択したノートのずれを、音符単位に合わせて修正します。


楽曲の再生など

楽曲の再生、停止など

[▶]ボタンで再生、[■]ボタンで停止、[|◀]ボタンで初めから、[▶▶]で一小節スキップが行えます。

拍子、テンポ、全体のボリュームの変更

左から拍子、テンポ、ボリュームが変更できます。

現在位置の変更

トラック画面クリックor打ち込み画面をマウスホイールクリックで現在の位置を変更できます。

現在の位置は青いラインで表示されます。

メトロノーム

拍子の隣の[Me]ボタンをクリックするとメトロノームの設定画面が表示されます。

ここではアクセントと拍のボリューム、音色を設定できます。

[Me]ボタンのチェックボックスにチェックを入れることで再生時、メトロノームの機能が付きます。

キーの変更

下のリストボックスからキーを変更することができます。キーに合わせて存在するノートとスケールの高さが変更されます。

スケールの変更

下のリストボックスからスケールを変更することができます。表示にチェックを入れると打ち込み画面にスケールが視覚化されます。オレンジがルート音です。

ループ

ループボタンを押すと、範囲内をループ再生します。範囲はトラック画面①で指定します。青い図形をドラック&ドロップで範囲を変更できます。

同期

同期にチェックを入れると、X軸のスクロールバーがトラック画面と打ち込み画面で共通で動くようになります。

再生時にはスクロールバーが現在の位置に変更されるようになります。

収録

[●]ボタンを押すと収録がスタートします。

鍵盤に対応したPCのキーを押すことでノートが追加されます。

※キーボードでの演奏参照

 

[■]ボタンで停止、[●]で再開されます。


トラック

トラックの切り替え

下のリストボックスorトラックをクリックすことでトラックの切り替えが行えます。濃くなっているのが現在のトラックです。

トラックのミュート、ソロ、サウンド、REC切り替え

[M]ボタンでトラックをミュート

[S]ボタンでそのトラックのみを再生させる

[Rボタンで収録を行うトラックを選択

[<]ボタンで演奏を行うトラックを選択

トラック切り替えのリストボックス隣の[M]、[S]ボタンで全トラックのミュート、ソロを解除できます。

音色ジャンルの変更

下のリストボックスから音色のジャンルを選ぶことができます。

※トラック10のみドラム専用トラックになっています。

※さらに詳しい音色の変更は後述。

音色の変更

[|||]ボタンをクリックし左側の音色の項目から、音色ジャンルに合ったさらに詳しい音色を設定できます。

トラック名の変更

[=]ボタンでトラック名の変更が行えます。

トラックのコントロール

※ノートごとのコントロールは打ち込みを参照

[|||]ボタンをクリックし右側のコントロールの項目で、トラックごとにコントロールを変更できます。

変更したいコントロールの図形をドラック&ドロップで値を変更し、適用にチェックを入れると、そのトラックに存在するノートすべての値が変更されます。


鍵盤

モード切替画面⑥からモードを鍵盤にすると鍵盤モードに切り替わります。

鍵盤

上に表示れる鍵盤ではクリックして音の確認や、現在再生されている音をトラック別に表示することができます。

コード

鍵盤の下の画面で合計12種類のコードを追加することができます。

[+]ボタンをクリックすとコードの設定画面が起動します。

コードのルート音、コードの種類、オクターブを設定し[OK]を押すことでコードが追加されます。

コード名に切り替わったボタンを押すことでコードが再生されます。

右のリストボックスで長さを設定し、[SET]ボタンを押すことで、現在の位置にノートとしてコードが追加されます。


ミックス

ミックス

モード切替画面からモードをミックスにするとミックスモードに切り替わります。

各トラックのトラックバーでトラックの音量を変更することができます。一番右のMasterでは全体の音量を変更できます。


画面

画面の切り離し

画面⑦の[「]ボタンを押すことで打ち込み画面を切り離すことができます。

青い[↓]ボタンをクリックすることで元に戻ります。

画面を隠す

黒い[↓]ボタンをクリックすることで打ち込み画面を隠すことができます。

黒い[↑]ボタンをクリックすることで元に戻ります。

ファイル

プロジェクトの保存、読み込み、新規作成

プロジェクトの保存は[名前を付けて保存]、もしくは[上書き保存]を選択してください。

開くには[開く]を選択してください。

新しいプロジェクトは[新規作成]を選択してください。

MIDIファイルの読み込み、書き出し

MIDIファイルの読み込みは[MIDI読み込み]を選択して下さい。

※保存のされ方により、ずれが生じてしまうことがあります。

書き出しは[MIDI書き出し]を選択してください。


演奏

キーボードでの演奏

PCのキーボードの[Q][2][W][3][E][R][5][T][6][Y][7][U][I]キーが鍵盤のドレミ・・に対応しており、そのキーを押すことで簡単な演奏が可能になります。

オクターブの切り替えはOctと書かれたリストボックスor矢印のボタンで切り替えが可能です。

演奏にチェックを入れると普通の演奏モード、コードにチェックを入れるとコードにキーボードが対応します。

ランダム演奏

ランダム演奏画面⑥の演奏にチェックを入れ、枠内でマウスを動かすと、ランダムで音が鳴ります。音色の確認などにお使いください。


その他

名曲つく~るくんは高校三年時、約半年間で制作を行ったソフトです。

自分のスキルアップのため作ったソフトなので至らない点は多々ありますが、優しく扱ってあげてください。

ソフト名の由来は気取った名前がこのご時世多すぎるので、かわいい名前にしました。